macs (M&A crowd solution) 利用規約

本規約は、SIKI Investment株式会社(以下「当社」という)が提供するM&Aポータルサイトmacs(M&A crowd solution)において 提供するAgency案件(以下「本サービス」という)の利用条件を定めるものです。 本サービスの利用者(以下「利用者」という)は、本規約に同意した場合に限りサービスの提供を受けることが出来るものとします。

第1条(サービスの利用・提供)
1. 利用者は、当社が運営するmacs (M&A crowd solution)に登録し、情報提供を受けることにより、M&A(株式もしくは資産または事業等の売却もしくは取得を含みますが、これらに限りません。)の相手方を探索し、又はその紹介を受けることができるができます。
2. 利用者は、本サービスの利用規約に従ってのみサービスを利用することが出来るものとします。 当社は、macs(M&A crowd solution)に関し、事前の通知を行うことにより利用者に提供するサービス内容を自由に追加、変更、停止することが出来るものとし、 利用者はこれに同意します。なお、通知の方法は本Webサイトに掲載する方法によるものとします。

第2条 (サービス利用の申込・規約およびその更新)
1. 利用者は、本規約に同意の上、当社が定める申込方法において本サービス利用の申込を行うものとし、当社が利用者からの申込を承諾した時点で、利用者と当社において本サービス利用の契約が締結されるものとします。
2. 利用者は、本サービス利用にあたりサービスの適切な利用に必要なデータや情報を適時当社に提供する必要があり、それらのデータや情報に変更があった場合には速やかに当社へ届け出を行うものとします。
3. 当社は、当社の判断により、本規約をいつでも任意の理由で変更する事が出来るものとします。 また、変更後の規約は、本Webサイト上に表示した時点より効力を生じるものとし、利用者が本規約変更の効力が生じた後に本サービスを利用する場合には、変更後の規約の全ての記載内容に同意したものとみなします。

第3条(利用料金と支払い)
本サイトが提供するサービスを通じてM&Aが成約した場合、当社が仲介を行った場合、利用者は、売却側および買収側のいずれであっても、売買代金の5%または基本手数料30万のいずれか高い額を報酬として当社に対して支払うものとします。
なお、売買代金とは、利用者がM&Aの対象会社の株式、資産、事業等を取得するために払い込んだ対価または売却した対価の額をいい、「対象会社の株式、資産、事業等を取得するために払い込んだ対価または売却した対価」とは、対象会社の株式、資産、事業等の取得に関して、甲が対象会社もしくは対象会社株主に対してまたはこれらの者から直接または間接に支払い、または受領するすべての現金、有価証券並びにその他の財産の合計価値をいい、かかる有価証券またはその他の財産の価格は以下の方法により決定します。
(1) 取引相場のある有価証券またはその他の財産の価格は、本取引の正式契約締結日の前取引日の終値とします。
(2) 取引相場のない有価証券またはその他の財産の価格は、本取引の正式契約締結日における時価とします。なお、当該時価は乙または乙が指定する第三者が算定した時価としますが、本取引の正式契約締結日において、甲乙間にて同意した時価が存在する場合にはそれに従うものとします。
ただし、どちらかにアドバイザー及び金融機関などのM&A助言を行う事業者がいる場合、その事業者が受け取る金額の総額の30%を当社に支払うものとします。

第4条(免責事項・損害賠償等)
1. 当社は、本サービスにより、利用者によるM&Aの約定すること、またはM&A取引の履行、その他内容を一切保証するものではありません。利用者は、本サービスにより探索し、または紹介を受けた相手との取引を自己の責任で行検討し、実施します。
2. 当社は、本サービスの内容、および利用者が本サービスを利用して得た情報等については、 その正確性、安全性等いかなる保証も行わないものとします。
3. 当社は利用者に対し、本サービス利用に起因した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとし、 当該損害を賠償する義務はないものとします。また、システムやサーバのダウン、通信回線等の不具合、 その他本規約の第6条(サービスの停止・中止)で定める原因で発生した利用者への損害についても、当社は一切の責任を負わないものとします。
4. 利用者は、本サービスを利用するにあたって、利用者自身の責任により全ての意思決定を行い、あらゆる法的責任、損害責任、逸失利益、および訴訟費用について、利用者自身が全責任を負うものとします。利用者が本規約に反した行為、または不正、違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は、利用者に対して損害賠償の請求を行う事が出来るものとします。

第5条(禁止事項)
利用者は、以下に定める禁止事項を本サービスの利用をするにあたり行ってはならないものとします。
また利用者が、この禁止事項を行った場合、当社は利用者への事前の通知を行うことなく本サービスの利用停止、 会員契約解除、損害賠償の請求等必要な措置をとることができるものとします。

(1) 本サービスの利用において、当社へ虚偽の情報を提供する行為。
(2) 第三者または当社の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、工業所有権等)およびその他の権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為。
(3) 第三者または当社の財産、信用、プライバシーを侵害し、または侵害するおそれのある行為。
(4) 法令に違反する行為や犯罪的行為、およびそのおそれのある行為やそれを幇助する行為。
(5) 第三者に不快感、迷惑、不利益を与えるなどの行為。
(6) IPアドレス、アカウント、パスワード、メールアドレス、およびドメイン名を不正に利用する行為。
(7) 本サービスを提供するサーバやコンピュータに不正にアクセスする行為、およびアクセスを試みる行為。
(8) 当社が提供する本サービスや他のサービスの運営を妨げる行為。
(9) 当社の信用、名誉等を毀損する行為。
(10) 本サービスを第三者に再販、および営業目的に利用する行為。
(11) その他、当社が不適切であると判断する行為。

第6条(サービスの停止・中止)
当社は、利用者への事前の通知を行わずに本サービスの内容を変更、停止または中止することが出来るものとします。 この場合、当社が合理的と判断する手段を通じて利用者へ通知、発表するものとします。
また当社は、以下に定める事項により、本サービスの提供の遅延または中断、中止が発生したとしても、 これに起因する利用者または第三者へ発生した損害や逸失利益などについて一切の責任を負わないものとします。
(1) サーバやシステムの保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行う場合。
(2) ハードウェアやデータの破損などにより本サービスの提供が出来なくなった場合。
(3) 火災、地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供が出来なくなった場合。
(4) 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不測の事態により本サービスの提供が出来なくなった場合。
(5) 法令による規制、司法命令等が適用された場合。
(6) その他運用上、技術上の利用で当社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合。

第7条(個人情報の取扱い)
本サービスは、当社が別途指定する個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に従い個人情報を取り扱うものとし、利用者はこれに同意するものとします。

第8条(秘密の遵守)
利用者は、本サービスに関連して知った一切の情報(以下「秘密情報」という)を、第三者に開示または漏洩してはならないものとします。
前項の定めにかかわらず、次の各号のいずれかに該当する情報は、秘密情報に含まれません。
(1)  開示、提供された時点で、既に公知となっていたもの
(2) 開示、提供された時点で、既に自ら保有していたもの
(3) 開示、提供された後、自らの責によらない事由により公知となったもの
(4) 開示された後、正当な権限を有する第三者から秘密保持の制約なく開示を受けたもの
(5) 独自に開発したもの
本条の規定は、本サービスの終了後も有効に存続し、利用者に適用されるものとします。
利用者は、本サービスを利用することによって知った情報を、自らの事業のために用いてはならないものとします。

第9条(規約外の事項)
本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、当社は合理的な範囲でその解釈を決定出来るものとします。

第10条(準拠法・裁判管轄)
本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関連して当社と利用者間に紛争が発生した場合、 東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。